無料ブログ作成サービス JUGEM
地図データの古いナビはご注意を!
 草津温泉は標高1,200Mの山の中にございます。当然、ここまで来る道も山道です。冬は雪も降ります。

 ただ、渋川・伊香保インターチェンジ(関越道)から来る場合、ほとんどの場合、雪があるのは草津の直前10Km足らずの部分だけです。なので、そんなに険しい道ではないはずなんですが・・・・。

 なのに、最近、なんだか、とっても険しい道を選んでしまうナビがあるみたいなんです。そんな道、地元の人間では「ほとんど使わない」「冬は通ったことない」「冬でも通れるの?」って言うくらい険しい道です。
 その道は、県道55号・中之条草津線です。渋川から来る場合、中之条町から国道をはずれ、沢渡(さわたり)温泉、暮坂(くれさか)峠を抜けて、旧六合村(現中之条町)へ出てくる道です。通称・ロマンチック街道として軽井沢から日光へと続く道としても知られていますが、名前とは裏腹に、非常に険しい道です。今ではだいぶ整備もされましたが、それでも冬場は積雪、路面凍結が続く危険な道です。沿線にお住まいの方はともかく、われわれ草津町や近隣にお住まいの方は、ほとんど通ることはないと思います。この道を通ったほうが近いのは分かっていても、おそらく迂回すると思います。

 こんな道なのに、ナビが、この道を案内してしまうらしいのです。ノーマルタイヤでは、まず通行はできません。スタットレスタイヤを履いていても、2輪駆動車では、通行は難しいと思います。当然、ナビに案内されて、この道に迷い込んでしまったお客様は大変なことに・・・。ここ何回か、そんな連絡をいただいて、おかしいと思っていたんですが、原因が分かりました。

 本来、ナビが案内すべき国道145号線(旧道)が、八ツ場(やんば)ダムの本体工事着工に伴い、通行止めになっているのが原因だったのです。既に、付替え道路が開通し、通行には支障はないのですが、ナビの地図データが古いと、通行止めの情報だけが反映され、迂回路として県道55号線を案内してしまうようです。
 正規のルートといいますか、渋川からの推奨ルートを以下に貼り付けておきますので、地図データが古いナビをご利用の方は、案内が間違っていないかどうか、確認してみてください。

| くさつのお宿 清重館 | アクセス | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ワンコインバス 時刻表

 ゴールデンウィークも終わり、静かな草津温泉が戻ってきています。いつもの年より少し遅い桜が咲き、シャクナゲも花を開き始めました。今年は、シャクナゲのつぼみが多いようなので、期待できそうです。

 草津町では、1回100円で乗車できる巡回バスを運行しています。
 草津町は小さな町なので、ほとんどの観光スポットは徒歩圏内。正直、バスを待つより、歩いてしまった方が早い場合が多いのが、現実です。
 それでも、あのレトロなバスに乗りたいとのご要望も強く、今回、お客様用に時刻表を作りなおしました。町でも、全バス停の載っている時刻表&ルートマップを出しているのですが、おそらく観光客の皆様には分かりづらいと思いますので、必要な部分だけを抜粋・整理しました。

 バスターミナル ⇔ 清重館 間を行き来するには、基本的にはC巡回を利用します。最寄バス停は、「巽の湯」です。ただ、バスターミナルから清重館に向かう場合は、かなり遠回りするので、所要時間約21分。徒歩で直接向かうと、約10分。歩いた方が早いです(汗)

 お帰りは、巽の湯バス停10時21分発、バスターミナル10時24分着。バスターミナルに向かって、だらだらの上り坂を上ることを思うと、100円で乗車する価値はありますね。
 また、ベルツ通り(テルメテルメ等)や西の河原エリア、スキー場方面へ向かう場合は、熱帯圏バス停をご利用頂くと便利です。
 状況に応じて、上手にご利用いただき、効率的に観光をお楽しみください。

草津温泉町内巡回バス 時刻表(Ver.清重館)

 B巡回は割愛させていただいております、必要な場合は、草津町公式サイトをご覧ください。

| くさつのお宿 清重館 | アクセス | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
こんなん作ってみました
 国道から一本路地を入った高台にある当館。  静かな環境が自慢で、それを気に入ってくださり度々足を運んでいただくお客様も多くいらっしゃいます。  ただ、初めてお越しいただくお客様には「場所が分かりづらい」とお叱りを頂くことも・・・。  そこで、こんなん作ってみました。  お役に立つとうれしいのですが・・・ ストリートビューで見る【草津温泉バスターミナル → 清重館
| | アクセス | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
大渋滞
 昨日の雪は、今年初の本格的な積雪となりました。  今日は朝から晴天となり、気温もどんどん上がっていますが、お昼を過ぎようとしている現在でも路面に雪が残っています。  昨日は土曜日ということで、他の地域からお越しのお客様で雪の準備をされていない方も多かったようで、草津へ向う道は大渋滞となってしまいました。草津温泉の玄関口・長野原から草津まで2時間以上かかったという情報もあります(通常は25分ほど)。また、事故や立ち往生して動けなくなった車両が草津道路上に10台以上放置されているとも聞きました。  このブログでも、他のサイトでも再三言われていることではありますが、車で冬の草津温泉へお出かけの際は、必ず滑り止めをご用意ください。  また、事故や渋滞等でご到着が大幅に遅れることも考えられます。お時間には余裕をもってお出かけください。 ※ 外車や特殊なチューニングを行っている車両は、特に事前の準備をお願いします。適合するタイヤチェーンが手に入らない、又は、そもそもタイヤチェーンを装着できる構造になっていない等、草津温泉周辺では対応できない場合が多々ございます。 天狗山ゲレンデ 画像は、今朝の朝焼けに映える草津国際スキー場(天狗山ゲレンデ)
| | アクセス | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
東京⇔草津温泉 高速道路1,000円!!
 高速道路の休日特別割引で、首都圏から草津温泉へ来る場合はあんまりお得感がないって話題はずいぶん前にしましたよね。練馬インターチェンジから、草津温泉の最寄インターチェンジである渋川伊香保インターまでだと1,700円くらいかかるんじゃないかと・・・。  ところが、東京から渋川まで1,000円で来れる裏技があるんです!!  と言っても、利用できるのは東京西部・多摩地区と神奈川の方だけなんですが。  八王子インターチェンジから中央道に入り、八王子ジャンクションから圏央道へ。その後、鶴ヶ島で関越へ乗り換えると、高速道路料金が1,000円になるんです。  ここで、面白いのが、東京サマーランドのところにある”あきる野インターチェンジ”で高速に入ると、距離は短いはずなのに料金は1,300円になってしまうんです。私も八王子に行く場合は、あきる野インターチェンジで降りていたのですが、これからは八王子インターチェンジまで行ってみようと思います。  ETC割引って、曜日や時間帯、距離、道路の種類等々、複雑すぎて使いこなせないですよね。  他にも、こんな裏技っていうか、お得な情報があったらお寄せいただければ幸いです。
| | アクセス | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
群馬の道路規制情報
 各地で台風の被害が出ているようです。幸いにして、ここ草津温泉では大きな被害は出ていませんが、被災地の皆様にはお見舞い申し上げます。  こんな天気の時のお出かけは、事前の情報収集が大切です。特に、群馬のような中山間地域では、地域によって天候が急変したりするものです。また、実際に土砂崩れとかの被害が出ていない場合でも連続雨量によって通行止めとなる道路もあります。  油断していると、行った先で通行止めで立ち往生なんてことも・・・。  そこで、お役立ちページをご紹介しておきます。群馬県内の道路規制情報をまとめたページです。どうぞお役立てください。 群馬県内の大雨等による通行規制情報 20090810-image.gif 携帯用のサイトもありますので、お出かけ先でもチェックが出来ます。
| | アクセス | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
横浜発 草津温泉行 高速バス
 ”キララ号”ってご存知ですか?  私は、今日、知りました(汗・・・  たまたま、あるサイトを見ているときに、横浜⇔草津温泉の高速バスを発見したんです。草津の発着場所がホテル桜井さんだったので、最近流行のホテルが運行する直通バスかと思ったのですが、そうではなさそうです。  ホテル桜井さんにお泊りしなくても、誰でも利用できるバスのようです。しかも、横浜⇔草津温泉の片道が2,500円(週末と8月は+300円)と格安です。  もし、ご興味があれば、こちらをご参照下さい
| | アクセス | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
尾瀬から草津温泉へ
 おとといご紹介した”関越交通”さんの、『上州周遊切符』。高速バスとの併用で、3日間路線バスが乗り放題ってヤツ。  関越交通さんのホームページを見てみると、いろんなモデルコースが紹介されていて、結構、使えそうです。  その中で、私が興味を持ったのが、尾瀬ヶ原の散策と老神温泉・草津温泉を周る2泊4日(1泊は車中泊)の旅のコースです。関越交通さんのホームページで紹介されているコースをそのままご紹介します 1日目 22:00新宿駅新南口発→<高速バス尾瀬号・新宿線>→3:25尾瀬戸倉着 (尾瀬散策) 16:02鳩待峠バス連絡所発→<路線バス>→16:49老神温泉着 2日目 8:37老神温泉発→<路線バス>9:22沼田駅9:40→路線バス>→10:05上毛高原駅10:20→<路線バス>→12:05草津温泉バスターミナル 3日目 13:20草津温泉バスターミナル発→<高速バス・伊香保草津温泉号>→18:40東京駅八重洲通り着 バス運賃は、尾瀬号・3,700円、伊香保草津温泉号・3,200円、上州周遊切符・2,000円で、合計8,900円。 月曜に休みが取れれば、金曜出発で普通の週末でもOKですし、7月の3連休なら休みを取らずに尾瀬・草津を一度に満喫できますね^^
| | アクセス | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
名古屋・大阪から草津温泉へ(3)
 名古屋・大阪から草津温泉へのアクセスルートのご案内Part 3 です。  関西・中部方面から草津温泉へは上信越道が便利。さらに上信越道から草津方面へのルートとして、上田市からと軽井沢町からのルートについては以前の記事でご紹介しました。  そして、今日、ご紹介するルートは、信州中野ICから国道292号線を通るルートです。国道292号線は、通称『志賀草津高原ルート』と呼ばれ、見どころも多く最高のドライブコースとして、各メディアで度々紹介されています。  信州中野ICから草津温泉まで、およそ60Km。湯田中温泉やサルの露天風呂で有名な上林温泉を抜け、志賀高原から白根山へ。渋峠で長野県から群馬県に入り、石楠花の群生が国の特別天然記念物に指定されている殺生ヶ原を通り、草津温泉へ。およそ、1時間半のドライブです。  天気がよければ、眺めも空気も非常に気持ちのいいドライブが楽しめると思います。  ただ、注意して頂かなければならないのが、冬季閉鎖と天候です。  この道は標高2,000M以上の山地を通るため、11月下旬から4月の下旬までは、冬季閉鎖となります。また、それ以外の時期でも、天候次第で通行止めとなることがありますので、ご注意下さい。 20090425-00111.jpg
| | アクセス | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
草津・四万・伊香保・水上・・・
 関越交通さんより、耳寄り情報が届きました。  関越交通さんの運行する”高速バス”を利用すると、群馬北部地域のバスが2,000円で、3日間乗り放題になるんだそうです!  関越交通さんは、群馬北部地域をメインに路線バスやタクシーを運行しています。併せて同地域から東京や成田への高速バスを運行しています。  その関越交通さんが、高速バスと路線バスをセットにしてお得な価格を設定して下さった訳です。関越交通さんの営業エリアと言うのが、草津を始め、四万、伊香保、水上、老神、猿ヶ京などの温泉地に尾瀬まで含んでいるため、使い方次第で旅の幅がグッと広がると思います。 詳しくは関越交通さんのホームページをご覧下さい 20090608-image.gif
| | アクセス | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |